講師

中條 壮大 Sota Nakajo

居室:C302 TEL:06-6605-2780

nakajo†eng.osaka-cu.ac.jp (†を@に変更してください)

ご質問,インタビュー,共同研究,出前講義などご相談受け付けています.

専門分野,キーワード

海岸工学,水理学,防災工学

多孔質体通過流,乱流,圧力損失,長波,台風,高潮,異常潮,気候変動

画像解析,PIV,流動・波動シミュレーション,確率台風モデル

担当科目

学部専門

都市学入門(1年次)

安全防災工学(1年次)

都市学演習Ⅲ(2年次)

測量実習(2年次)

水理学演習(2年次)

都市学実験:水理学(3年次)

学部教養

コミュニティ防災

大学院

流体環境・水防災工学特論

河海環境構造工学特別演習

経歴

2000年3月 大阪府立三国丘高校卒業

2001年4月~2005年3月 大阪市立大学工学部 環境都市工学科

2005年4月~2007年3月 大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻(前期博士課程)

2007年4月~2010年3月 大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻(後期博士課程)

2010年3月 博士(工学)学位を取得

「多孔質体を通過する流体運動の計測に基づく乱流モデリングに関する基礎的研究」

2008年4月~2010年3月 日本学術振興会特別研究員DC2

2010年4月~2012年3月 京都大学防災研究所 特定研究員(産官学連携)

2012年4月~2016年3月 熊本大学大学院 自然科学研究科(社会環境工学科) 助教

2012年12月~2016年3月 熊本大学大学院 自然科学研究科 附属減災型社会システム実践研究教育センター(IRESC) 助教

2016年4月~現在 大阪市立大学大学院 工学研究科 都市系専攻 講師

研究業績

中條壮大の研究業績

競争的研究費

学外

日本学術振興会 科学研究費助成事業(科研費)

九州地域づくり協会研究等助成事業(2013):九州地方の高潮災害の最悪経路とその生起確率に関する研究,1,000千円

学内

大阪市立大学 工学部若手研究費(2016):長周期波作用下で多孔質体内の局所流動がエネルギー減衰および物質輸送に及ぼす影響,1,000千円

大阪市立大学 CERD特別推進研究(2017):台風予報トラックデータの不確実性評価と高潮防災にもたらす影響について,600千円

現在のグループ研究教育活動への参加状況

大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD)

学会活動

所属学会

土木学会

混相流学会

学会委員としての活動

8th Annual Conference of the International Institute for Infrastructure Resilience and Reconstruction 実行委員・査読委員 2012年

海洋開発委員会 委員兼幹事 2015年1月~現在

混相流学会 論文集編集委員 2017年8月~現在

査読者としての活動

毎年

土木学会論文集B2(海岸工学) 2017年3月~現在

土木学会論文集B3(海洋開発) 2015年1月~現在

過去の依頼

Coastal Engineering Journal

Applied Ocean Reseach

自然災害科学

など

社会貢献活動

委員会

  1. 宇城市高潮災害防止検討委員会 委員(2015)

出前講義

  1. 佐賀県 小城高校(2015)
  2. 熊本市リレーシンポジウム:西区(2015)
  3. 兵庫県 三田学園高校(2016)
  4. 大阪府 堺市美原区防災講演会(2017)
  5. 大阪府 羽曳野市防災講演会(2018)Coming soon

その他

  1. 熊本県八代市における台風災害に関する防災教育システムづくり(2013年4月~2016年3月):京都大学防災研究所 丸山敬教授 主催